【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

 

黒ずみケアアイテムの王道といえば、ピューレパールイビサクリームですよね。

 

 

どちらも優れた魅力があるのでどっち選んだらいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

そこで今回は、あなたにピッタリの黒ずみ解消グッズを後悔することなくチョイスするためにピューレパールとイビサクリームを徹底的に総合比較しましたので参考にしてみてくださいね!!

 

比較内容一覧
  1. ピューレパール・イビサクリーム総合比較
  2. 評判(星評価)
  3. 配合成分比較
  4. それぞれの劣っている点・優れている点

ピューレパールとイビサクリームの違い早見表

 

ピューレパール(Pule Pearl)

1.黒ずみ対策タイプ:ジェルタイプ


2.用途(塗れる場所):粘膜以外ならOK。顔・乳首・V/I/Oライン、デリケートゾーンなど。メインはワキ・ヒジ・ヒザ。 


3.単品購入:可能。ただし特別価格なし。


4.定期コース:定価より3,450円お得。(初回だけでなく半永久的に適用)


5.コースお申込みの条件:最低でも3ヶ月は続けること。(塗ると肌が荒れる場合など解約可能。)


6.全額返金保証:あり。適応期間は25日以内。

【価格】(定価・定期コース)
※税込み・送料込み※

容量 評価(アットコスメ参照)

定価値段:8,808円

 

定期コース:5,130円
(初回〜3ヶ月目まで5,130円、4ヶ月目以降はさらに10%OFFの4,622円)

【ジェルタイプ・30g入り】
1個で1ヶ月〜1ヶ月半

(7点満点中4.7評価)

 

(口コミの書き込み総数195件)

 


 

イビサクリーム(Ibizacream)

1.黒ずみ対策タイプ:クリームタイプ

 

2.用途(塗れる場所):粘膜以外OK。メインはデリケートゾーン。

 

3.単品購入:可能。ただし特別価格なし。

 

4.定期コース:定価よりも2,703円お得。(初回だけでなく半永久的に適用)

 

5.コースお申込み条件:最低でも2ヶ月は続けること。(塗ると肌が荒れて使用できない場合は解約可能。)

 

6.全額返金保証:あり。適応期間は28日以内。

【価格】(定価・定期コース)
※税込み・送料込み※

容量 評価(アットコスメ参照)

定価値段:8,070円

 

定期コース:5,367円
(初回以降も同価格)

【クリームタイプ:35g入り】
1個で約1ヶ月分。

(7点満点中5.0評価)

 

(口コミの書き込み総数25件)

 

>>>デリケートゾーンの黒ずみ対策ジェル!【イビサクリーム】公式サイトはこちら!

 

>>>ワキの黒ずみには!【ピューレパール】公式サイトはこちら!

 

ピューレパールとイビサクリームそれぞれの評判

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

 

アットコスメに寄せられたピューレパールの総合評価は7点満点中4.7点。

 

 

195人の方が評価を書きこんでいました。

 

黒ずみが薄くなった!!改善されている!!との声がたくさんある一方で不満を抱く方もいらっしゃったので掲載しておきます。

 

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

 

ピューレパールの低評価で大多数を占めているのが返金保証に対する不満。

 

 

肌が荒れたのに返金対応してくれない!!返金までに手間がすっごいかかる!!など返金保証ありと記載があるにもかかわらず不親切すぎる対応が評価を落としている原因みたいですね。

 

せっかくいい商品なのに対応が残念で悲しい…との声が多数。

 

ピューレパールがお肌に合わない場合は、早めに連絡をして全額返金してもらえるようにしましょう。

 

万が一、対応してくれない場合のために塗った部位の肌が荒れてしまった画像などを用意しておくとスムーズに対応してくれますよ!!

 


 

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

 

アットコスメに寄せられたイビサクリームの評価は7点満点中5.0点。

 

 

ピューレパールと比較すると少ないですが、25名の方が評価していました。

 

 

デリケートゾーンなど、敏感な部分に塗れると好評。

 

 

 

ただ、クリームタイプなので蒸れると不満を抱く方がいらっしゃいました。

 

夏場は普段よりも薄塗りをして塗布する頻度を2回に増やすなど対策が必要かもしれません。

配合成分の比較!

ピューレパールの全配合成分

 

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

 

ピューレパールには黒ずみを解消するために必要不可欠な成分がオールインワンで配合されているのが特徴。

 

 

保水力が非常に高くお肌にうるおいを与えて保湿するので、真っ黒に黒ずんでしまったワキや膝でも毎日ケアを行うことでケアできます。

 

 

また、黒ずみケア商品で高級成分のプラセンタが配合されているのはピューレパールだけ。

 

プラセンタはお肌のターンオーバーを促す効果があり、古くなった角質を追い出すだけでなく表皮を綺麗で新しいお肌に再生してくれます。

 

イビサクリームの全配合成分

 

有効成分:トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム

 

その他の成分:ヒアルロン酸ナトリウム(2) シロキクラゲ多糖体 ローズ水 乳酸ナトリウム液 オウゴンエキスシクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール サクラ葉抽出液 カモミラエキス(1) ダイズエキス メチルフェニルポリシロキサン 1,3?ブチレングリコール  ポリアクリル酸アミド 1,2?ペンタンジオール 軽質流動イソパラフィン グリセリンモノ2?エチルヘキシルエーテル グリセリン脂肪酸エステル グリセリン 1,2?ヘキサンジオール ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)エデト酸二ナトリウム フェノキシエタノール 精製水

 

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

 

イビサクリームは天然由来の植物成分を主な原料としていて、お肌に優しく低刺激の成分しか使用されていません。

 

 

お肌が荒れやすく、市販で販売されているようなケア商品だとお肌に合わない!!方に愛用されています。

ピューレパールとイビサクリームの欠点と魅力

ピューレパールの欠点

 

お肌が荒れやすく刺激に弱い肌質の方には、返金保証の対応もイマイチとの報告があるので不向き。

 

 

定期コースの特別価格は最低3ヶ月の継続がお約束なため長期的にケアする予定がない方にはデメリット。

 

 

イビサクリームの欠点

【黒ずみケア定番】ピューレパールとイビサクリーム総合比較!!

 

クリームタイプなので日常生活で蒸れを感じている人だと不快に感じる恐れあり。

 

 

デリケートゾーンのV・I・Oライン、ビキニラインケアに特化している黒ずみケアアイテムなので低刺激ですが、ピューレパールと比べて効果が若干薄い。

 

 

イビサクリームはベタつかないとの声が多数ありますが、中にはベタつきが気になる人もいる。

 

 

欠点をしっかりと把握することで、あなたにピッタリの黒ずみケアアイテムを見つけることができるはずです。

 

 

どんな商品にも欠点は必ず存在しますので、最も納得できるケアグッズを選ぶのがいいですよ^^

 

ピューレパールの魅力と特徴

 

ピューレパールはジェルタイプなので粘膜以外であれば塗布することができますし、速乾性があるのでベタつきが苦手な方でも不快な思いをしません。

 

 

そして、ピューレパール最大の特徴は、黒ずみ解消はもちろんターンオーバーを促す働きと、今以上に黒ずみを悪化させないストッパーとしての効果もあること。

 

 

 

黒ずみ改善には時間を必要としますが、ピューレパールの有効成分で美ワキ・美しいお肌を手に入れることができるので、可愛い洋服をためらいなく着ることができますし彼氏にマジマジと直視されても隠すのではなく見せつけることができます。

 

>>>ピューレパール公式サイト定期コースはこちらから。

 

イビサクリームの特徴と魅力

 

天然由来の成分を原料としているため、お肌が荒れやすい、自分のお肌に合ったアイテムを見つけるのが一苦労・・・。そんな方でも安心して塗ることができます。

 

 

また、デリケートゾーンの黒ずみ解消に特化しているのでお股の黒ずみを撃退したい方にはもってこい。

 

 

定期コースのお約束の継続回数も2ヶ月と始めやすく、気軽に試してみたい方には座敷が低いです。

 

イサビクリーム公式サイト定期コースはこちらから。
ホーム RSS購読 サイトマップ